MENU

あなたのカーライフを素敵にする新車購入時の値引き交渉法のコツ

新車購入というと、値引き交渉がつきものといえます。
しかし、ただ値切れば良いという事ではありません。
担当営業の方も仕事とはいえ、一生のお付き合いをする覚悟で販売している方もいらっしゃるのも確かです。
購入者としても、車は大きな買い物ですし、何年も利用する方も多いのではないのでしょうか。
購入してから後悔しても、すぐに取り換えることも出来ない事でしょう。
また、せっかく買うなら気持ちよく、担当営業の方とも良好な関係で納車日を心待ちにしたいところです。
では、新車の値引き交渉は、どのように行うのがよいでしょうか。
今回は、新車購入に関わるちょっとしたルールやコツをお伝えします。

 

新車購入の安い時期は?

やはり、ボーナス時期等は新車ディーラーは「売り」に勝負をかけています。
この時期は、色々とお得と感じられるキャンペーンやオプションサービスを行っていることが多いのでお勧めです。
また3月は、一般的におすすめ時期といえます。
3月は年度末の決算時期であり、各新車ディーラーもメーカとの契約販売台数がありますので、1台でも多く販売して登録に持ち込みたいと考えています。
値引き交渉も多少の融通はきいてくれる可能性が高いです。

 

新車購入の値引きしやすいタイミング

上記のボーナス時期や決算時期は値引き交渉しやすい時期でもありますが、
実はあまり知られていないかもしれないのが、モデルチェンジ時期の新モデルではなく、旧モデルは比較的値引き交渉もしやすいです。
日本人は新しいものが好きですし、新モデルが出ているなら、新しい方を手に入れたいと考えがちです。
が、新車ディーラーでは、旧タイプを在庫車として抱えるわけにもいかないので、値引き幅を広げて販売することがあります。
また、これも出会いやタイミングともいえるのですが、ディーラーのショールームの展示車が、実はその販売会社の在庫車だったりします。
よって、在庫処分の時期だった場合は、値引き幅も広げられるチャンスといえます。

 

新車購入の値引きのコツや交渉術

まずは、基本的な情報を伝えて、担当営業の方に見積もりを作成してもらいます。
この見積もり内容をよく確認するようにしてください。
ポイントとしては、以下の2点です。
①オプションの内容に、不必要なものがないかどうか。
②諸費用に不要なものを含めていないかどうか。
上記2点は、不明点があれば、見積もり時に担当営業の方に良く確認してください。
ここで、こちらから与えた基本情報をきちんと盛り込んでいるかどうか、またはきちんと話も聞かず余計なものを含んでいないかで、担当営業の信頼性を確認します。
もしも信頼できない相手だった場合は、この方との交渉はお勧めできません。

 

各販売店で、値引きの枠は決まっているのですが、その枠を超えても頑張って上司と交渉をしてくれそうな方にお願いしたいものです。
とはいえ、担当営業の方も売るためのパフォーマンスとして、演技することもあります。
しかし、担当営業の信頼や相性のバランスが怪しい方だと、後の登録や納車にも影響が出ることもあります。
一番良いのは、主任以上の役職の方がついてもらえれば良いパートナーとしてなり得るのですが、主任以上の役職者は部下の教育もあり、
たまに、自分が受けても部下に担当させるケースもありますので、相手を良く見ておくようにしましょう。
万が一、新人や若手にあたっても、がっかりする必要はありません。
こちらの思うように操れば、良いサポーターとなってくれます。

 

ここからは、交渉の手法を少しだけご紹介しますが、あくまでも一ご参考程度でお願いします。
なぜなら、相手は人です。一辺倒な交渉でうまくはいきません。
しかし、相手が人なら、こちらも人ですので、相性が大事なのです。
値引き交渉の手順としては、以下をご参考下さい。また、予め、競合車種(他社の同じような車種)の見積書も入手しておいて下さい(値引き額がなくても可です)。
後に、交渉材料に使います。

 

見積もりはお目当てのグレードのものと、ひとつ上のグレードのものと2つを入手しましょう。

これは、最終的にお目当てのグレードを予算内で購入する際の交渉手段に使います。
あくまでも、上のグレードのもので話を進めていくようにしましょう。
また、登録諸費用は、グレードが違ってもさほど大きくは変わりません。
(車種や車体の大きさにもよりますが、ナンバーが5ナンバーから3ナンバー変わる場合は重量税などが変わります)

 

予算を伝えるタイミングは、終盤にしましょう。

見積書をみると、つい、お金の話をしたくなってしまうかもしれません。
また、担当営業は、比較的早い段階で「ご予算はおいくらくらいですか?」と聞いてくるかもしれません。
が、「予算は、厳しいんだよね」といった感じで、明確な数字は出さないでおきましょう。
具体的な数字を出すのは、詰めの段階までとっておきます。

 

オプションに騙されない。

担当営業は、値引きよりもオプションサービスでごまかそうとします。
が、不必要なオプションはいらないと決めて、必要なオプションを含めた金額で勝負しましょう。

 

諸費用の納車費用は、自分が店頭に取りに来るなら、必ずカットしてもらいましょう。

諸費用の中に「納車費用」の欄があります。おおよそ1万円未満のものですが、ご自分で店頭に取りに行く場合は、きちんと伝えて、見積もりに掲載しないまたは0円にするよう伝えましょう。
担当営業によっては、「納車費用には、納車前の洗車などの手数料が含まれているので」等といわれても、ここは0円でお願いしましょう。

 

色と在庫車の話をしましょう。

販売店側は、在庫を抱えたくはありません。が、良く売れる車種や人気の色はより多くの在庫を抱えていたり、すぐにメーカーへ在庫を引き当ててもらう手配を行います。
在庫が多くても、色によっては長く在庫されていることもあります。
新車にも車検に似た検査(これを完成検査といいます)を行っています。長期在庫車は、この完成検査が切れた状態である場合もあり、これこそ早く売りたいのです。
なので、完成検査切れかどうかを聞いてみるのも良いかもしれません。(これは、業界ネタなので、一般の方はあまりご存じないかもしれませんから、なぜ、知っているかを聞かれることもあるかもしれません)

 

登録日、納車日を確認しておきましょう。

登録日は、値引きとは直結しませんが、実は重要です。
目先だけで考えれば、大したことではないのですが、車検の時期がこの登録日と関わってきますので、
ゆく先の3年後、車検の時期にまとまったお金が用意できるかも検討して置くと良いです。
また、3月の決算時期に購入する際は、3月に登録するから値引き出来る(年度内に在庫車がハケル)という点があります。

 

いよいよ、予算と値引き交渉です。

だいたいの情報が集まってきたところで、いよいよ値引き交渉を行います。
仮に、予算は200万円くらいで考えていたとしましょう。
ところが見積もりは、250万円の場合、まずは予算は190万位で伝えます。
あまりかけ離れていると、担当営業もあっさり「それは厳しいですね」と交渉の土台に上がってくれない事もあります。
ここで、先に取っておいた上のグレードの見積もりで「このグレードのを購入したい。けど、予算が厳しいから協力してほしい」という姿勢を見せておきましょう。
あくまでも、「値引きはどれくらいできるの?」ではなく、「協力してほしい」というスタンスです。
恐らく、担当営業の方は、下のグレードのお見積りを出してくることでしょう。
そして、オブションをつけて、トータル金額は変えないという戦法を出してくることでしょう。
そこでは、「これもいいけど、予算がね」と一旦は、相手の提案を悪くないと言ってあげて下さい。
担当営業さんも人間なので「自分の提案を認めてくれる人」と感じられれば、さっきよりも協力体制になってくれるはずです。

 

そこで、再度「ご予算は?」と聞かれたら、「180万でおさめて来いって、妻がね。それに競合車種の●●はいきなり210万まで値引きで調整してくれたんだよ。」と、
奥さん(ここは、奥さんではなく、お父さん、お母さんでも構いません。)を盾にして、また、他社は頑張ってくれているけど、あなたから買いたいんだと伝えます。
つまり、担当営業は、「今交渉している人が自分から買いたがっているが、決定権者は奥さんだ」と認識します。
ここで、担当営業の方は、目の前のあなたと交渉しながらも、架空の奥さんを想定して戦う交渉をしてくことになります。
また、あなたを味方につけて、どうしたら奥さんが納得してくれるかを模索し始めます。
この架空の奥さん、困った時には出ててきてもらいましょう。(本当の奥様がいらっしゃる場合は、奥様と口裏を合わせておいてくださいね。)
そして、上のグレードと、お目当てのグレードの二つと競合車種をダシにして、値引き交渉を進めていきましょう。
そして、担当営業がお目当てのグレードで本当に考えている予算に近付けてきたら、「本当は上の方がいいんだけど、予算で考えるならこちらだな」と、1台に絞り込んで話を進めていきます。
あとは、180万円になるかどうか、調整してもらい、210万くらいまで下がってきたら、もうひと押しです。
「じゃぁ、担当営業さんが頑張ってくれているから、200万円ぴったりにしてくれたら、今日決めるよ」と言います。
逆に担当営業の方から「今日決めてくれるなら210万円にします」と言われてしまった場合でも、「今日決めるなら少なくても200万じゃないと、奥さんに怒られちゃう」
と、何が何でも200万円で決めましょう。

 

新車の値引きの相場

販売店や車種にもよりますが、新車ディーラーでは、普通車の場合はだいたい30万~35万円程度、軽自動車なら3万~7万円位といったところでしょうか。
一般の中古車などを売っている販売店ではない中古車屋さんのようなところ)で、「協力店」の看板があることろは、新車も扱っているケースもあります。
値引きだけでいえば、もう少し値引きが出来るかもしれません。
しかし、こうした販売店は、中古車販売での利益を調整して値引きを多く見せている可能性も高く、下取りがないならあまり値引きはしてくれないところもあります。
また、結局は「協力店」なので、車の出所は近くの新車ディーラーだったりもします。
また、あくまでも「協力店からの購入」なので、点検や車検は、たとえ大本の新車ディーラーのショールームへ持ち込んでも、「協力店を通して下さい」というケースもあるので、注意が必要です。

 

購入の商談時の注意点

注意点を大まかに列挙すると、以下の8つのようなポイントになります。
①予算はあくまでも少なめに伝える。
②見積もりは必ず、お目当てのグレードよりひとつ上のグレードのものを取る。
③販売店が同じところで相見積もりしても、情報共有される。(AAトヨタ株式会社のBB営業所とCC営業所で相見積もりをしてもダメ)
④不要なオプションをつけさせない。
⑤納車費用は、店頭渡しにすれば、6千円位は浮く。
⑥競合車種の見積もりも入手しておく。
⑦奥さん(ご家族で車の購入にお金を出すような人)を事前に交渉のネタに使う了解をもらっておきましょう。
⑧担当営業も良い営業マンの演技をするので、あなたも素敵なユーザーさんを演じましょう。

 

以上、必ずしもこのようなシナリオ通りにはいきませんが、あなたの新車購入時の値引き交渉に少しでもお役立ちとなれば、幸いです。
また、交渉は決別するものではなく、より担当営業の方と仲良くなるステップとして心構えて望んで頂ければ、納車後もより良い関係が築け、
1台のみならず、その先の末長いお付き合いが出来ることと存じます。
そして、あなたにとって、素敵なカーライフとなりますように。

下取りが買取相場より安い理由についてはこちらで解説。http://mebel4you.org/entry002.html
更新履歴
このページの先頭へ